先進安全技術自動車

今回は先進安全技術自動車(ASV)について少し書きたいとおもいます。

先進安全技術自動車(ASV)とは
・衝突被害軽減ブレーキ
・車線逸脱警報装置
・ふらつき注意喚起装置
・車線維持支援制御装置
・車両横滑り時制動力・駆動力制御装置
・ドライバー異常時対応システム
・先進ライト
これらの安全装置の事をASVと言います

最近では特に衝突被害軽減ブレーキはほとんどの車種に標準で
装備されています。車種やメーカーなどで作動する条件が
違うため、ご自身の車の作動範囲を把握することはとても大切なことです。

衝突被害軽減ブレーキを装備している車にはレーダーやカメラがついています
ほとんどの場合、レーダーセンサーはフロントバンパー付近
 

カメラはフロントガラスに取付られております。

そのため、事故などでフロントバンパーの取外しや
フロント部分の修理などをした場合、
レーダーセンサーの点検、調整が必要になってきます。
この校正作業をエーミングと呼びます。
レーダーセンサーやカメラなどの点検、調整には
特殊なツールが必要な為ほとんどの整備工場では
エーミング作業ができません。
ディーラーでは出来るようですが・・・

当社はASV搭載車が普及する以前よりエーミングが自社でできるように
取り組んでまいりましたが、特殊ツールの開発・機材の導入・ASVを熟知することにより
自社でエーミング作業をすることが可能となりました。

現状はメーカーごとに必要機材が違うため全車種とまではいきませんが
半数以上の車種に対応が可能となりました。
今後もより多くの車種に対応すべく導入を進めてまいります。

\ASV搭載車の修理に関しても浦車体にご相談ください/