ノベルティーカレンダー製作中

2018年も残すところ2ヶ月程となりました。

来年早々には新たな工場資格も取得する為、設備の見直し・機材工具の買い揃え・作業場の効率化

今以上の環境面への配慮等、まだまだ対策を講じないといけない箇所が山ほどあります。

取得に向け、担当者は例年になくバタバタとしています。お疲れ様です。
 


さて、まだ完成していませんが、2019年浦車体カレンダーを現在製作中です。

壁掛け用で、六曜、主要行事入り、スケジュール等も書き込みが可能となっているので

ファミリー向けにとても使い勝手がいいとなかなか好評です。12月初めには仕上がっているかと

思います。ご希望の方はご来店の上、スタッフにお声掛けください。

 

先日地元の町民運動会に行ってきました。


訳のわからない画像ですみませんが、地元の小学校での運動会です

休日はのんびり過ごすことが多いのですが、たまには体を動かそう(景品をゲットしてこよう)と思い

参加してきました。町民運動会と言っても賞金や景品等もかかっている為、結構みんな本気です。

そして必ず走っている最中に思う事・・・。体が思う通りに動きません。足が回らない、そして

ガクガクなって、膝が崩壊しそうになります。運営委員の方が、事前の注意事項で120%の力ではなく

90%の力で頑張ってくださいと言っていたのにいざ始まると持てる力を100%使ってしまうのは歳を

とっても負けず嫌いだと言うことでしょうか。結構個人種目やら団体競技でも好成績を残せたので

大量に戦利品をゲットすることが出来ました。

 

浦車体整備工場では、現在共に働くスタッフを大大大大募集しております。職種は、自動車板金塗装の

出来る方で、経験者の方、優遇させていただいております。詳しいことにつきましては

人事採用スタッフまでお電話にてお問い合わせください。

実は知らない?発炎筒

みなさんは発炎筒についてどのような知識をお持ちでしょうか?

車には必ず搭載されているのですがみなさまはご存知でしょうか?

日頃、乗っている車のどこについているのか実は知らないという方も
いらっしゃるかと思います

実はですね…

国産の車は助手席の足元についていることが多いです!
(全てではありませんが・・)

車検時には発炎筒が装備されているかの確認をしておりますが

発炎筒には有効期限があったりするのです

有効期限がきれていると中に入っている火薬が湿気ていざという時に使えない可能性が…

発炎筒の種類によって金額は色々ありますが

最近はLEDの電池を使用して光るタイプの非常信号灯があったりもするのです

上記のような発煙筒ですと常時準備しておりますので

気になった方はぜひご来店お待ちしております!


余談ですが、

いざって時の為に使い方も載せておきます


↑カバーを取り外すとこのような感じになります

発炎筒の本体の先端にある黒い部分をキャップでマッチをこするみたいにすると火がつきます

かなり危険なので絶対に遊びでは使わないでくださいね

パンク時の対応

本日10月13日

朝の冷え込みが少しきつくなってきたように思います

本日は、車両に搭載されている、応急用タイヤの事について触れさせて頂きたいと思います

一昔前の自動車ですと、トランク内、自動車の底周りに吊り下げなど搭載方法は様々ですが

最近は、応急用タイヤの代わりに、パンク修理キットが搭載されている自動車が増えてきております

ご自身の自動車には、応急用タイヤ と パンク修理キット どちらが装備されているかご存知ですか?

運転をしようとしたら、パンク・・タイヤ交換して・・あれ・・?・・・タイヤって載ってないの?

慌ててしまうと思いますので、簡単に応急用タイヤの有無を確認出来る方法をご案内させて頂きます

上記の様なステッカーが、運転席側のセンターピラーに貼ってあります

※ 表示方法はメーカー、車種によって異なります。ご自身のお車で一度お確かめになって下さい

上の画像は、パンク修理キットが搭載されている場合の画像です

装備品の把握が出来ていると、トラブル時の対応が早いと思いますので、よろしければご確認を

話は変わりますが

9月中は、大きな台風の影響で、事故修理、故障修理の受け入れ、納車に至るまでに通常よりも

お時間を頂いてしまい、ご迷惑をかけてしまったお客様が若干いらっしゃったかと思いますが

10月になりまして、9月中のピーク時のような工場内の混み具合は、幾分は解消されております

当社をご利用頂いておりますお客様の皆様本当にありがとうございます。当社をご紹介下さいました

保険代理店様、修理工場様も本当にありがとうございます。

いつもと変わらない仕上がりと納期でお客様のお車をお返しさせて頂くべく、従業員一同日々

邁進しております。今後ともどうぞ宜しくお願い致します

では又