自動車の自己診断機能

朝晩寒くなってきましたね。みなさま、体調にはくれぐれも
お気をつけくださいね。 

さて、今回は自動車の自己診断機能について少し書こうと思います。

自動車には自己診断機能があるのはご存じでしょうか?
下記のようなメーター内のエンジン警告灯が点灯したことがある方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

最近の車はシステムが複雑になっており、昔みたいに目視で点検出来ない
センサーなどが多数あります。

その為、専用のスキャンツール(診断してくれる機械と思っていただければ)を使い、
車に搭載されているコンピュータにアクセスし、
コンピュータ内に残っている不具合箇所を診断する必要があります。

故障部品によってはエンジンの警告灯が点いていないのに不具合が
発生している場合もあり、お車の点検や修理には必要な項目になってきております。

でも、この専用のスキャンツールも種類があるんですが高額なんです。
なので少し前まではディーラーさんで点検してもらってました。
ですが2021年以降の新型車の車検整備には必ずスキャンツールでの点検が
義務化されるとも言われており、整備工場には購入が必要になってきております。
浦車体整備工場ではこのスキャンツールを数年前より導入しております。
より複雑なトラブルにも対応できるようにと
今年に入り2機目を購入いたしました。

  
         ↑                    ↑
  数年前に購入したスキャンツール      今年購入したスキャンツール

警告灯が点いたり、エンジンの調子が悪いなどのお車のトラブルなど、
お車のことで気になることがありましたら、
いつでも浦車体整備工場にご相談ください。