ブログ

暑いし忙しいし

浦車体整備工場のお盆休みも終わり通常営業を再開しております

当社従業員も休み期間中の病気、事故などなく全員元気に出社しております

毎日毎日暑ぅございますが、皆様もお体の痙攣など起こされておられませんでしょうか?

本当に暑い日が続いておりますので、熱中症対策、水分補給をお忘れになられないよう

お気を付け下さいませ。

8月16日から通常営業をさせていただいております。今日で3日目ですが

現在の駐車場内の状態です
 

車、車、くるま、KURUMAでいっぱいです。全てお客様からお預かりさせて頂いた、事故修理

車両と故障修理車両でございます。駐車場が代車と入れ替えに修理車両で溢れ返っております

当社をご利用頂いておりますお客様の皆様本当にありがとうございます。当社をご紹介下さいました

保険代理店様、修理工場様も本当にありがとうございます。これから当社のご利用をご検討中の

お客様は申し訳ございません、連休明けすぐで若干込み合っておりますのでご入庫、ご利用頂き

ますその際には、まずお電話で代車の空き状態等、ご確認頂きますようお願い申し上げます

いつもと変わらない仕上がりと納期でお客様のお車をお返しさせて頂くべく、従業員一同日々

邁進しております。今後ともどうぞ宜しくお願い致します

では又

 

 

もうすぐお盆ですなぁ

7月31日現時点では、浦車体整備工場では、ペリカンが付近を飛んでいたという、

報告は届いてはおりません。残念です・・・

7月も今日で終わりです。心なしか例年よりも梅雨が長かったような気が

するのは、私だけでしょうか?梅雨があけたらすぐさまお盆、お盆があけたら、

すぐに秋がやって・・・こないか?毎日暑いですもんね。

お盆休みにご実家に帰省される方、どこか遠方にお出かけになられる方、等々

皆様色々なご予定をお考えかと思いますが、お盆休み前に是非お車の点検を

お奨めさせて頂きたいと思います。

お客様からしばしばお伺いするのですが、 『 実家に帰ったら車が動かなくなった 』

『 連休中に車が壊れてしまったんだけど連休中は部品も取り寄せられないから・・・ 』

等々・・・少し早めに点検をお受けになられていれば、そういった事態も、もしかしたら

回避する事が出来るかもしれません。

タイヤの空気圧チェック、水廻り、オイル廻り、ボルトの増し締め等々、ご来店頂けましたら

1時間程度の待ち時間でお車をお渡し出来ると思います。お車の6ヶ月、12ヶ月点検

をご利用になられたいお客様はご予約のお電話を頂戴出来ますようお願い致します

もちろん浦車体整備工場もお盆休みは頂戴いたします。点検のご予約はお早めに<(_ _)>

今年は8月11日 ~8月15日までの五日間のお休みを頂戴します。現場の事故修理

整備作業等は行っておりませんが何かお困りの方いらっしゃいましたら

会社へお電話下さい。対応出来るように当番の者がおりますので、ご相談下さい。

では又

 

 

やっと直りました(-_-;)

ブログの更新が遅くて申し訳ありません

では前回の続きをお伝えしてまいります

誤解があってはいけませんので補足しておきますが、お客様への

納車は勿論完了しておりますのでご安心下さい(-_-;)・・・

今回は塗装屋さんの作業工程をお伝えしてまいります

鉄板の真ん中に薄っすらと茶色いモノが塗ってあるのが、確認していただけますでしょうか?

この茶色いのが『パテ』です。粘土のようなものです。厚塗りし過ぎると、塗装の上塗りをかけて

乾燥した時に溶剤の吸い込みが発生してパテの部分が痩せ、汚くなってしまいます

ですから、板金屋さんのライン出し、粗出し、整形の作業も重要になってまいります

パテ付はだいたい、1回。大きな面積のパテ付作業でも3回位で。表面の整形が終わったら

次の工程に移ります

プラサフ(プライマーサフェーサー)を塗ります。昔はプライマーで一回、サフェーサーで

一回と別々の工程で塗っていたそうです。プラサフを塗装する目的は、①防錆 ②塗装の

密着をよくする ③パテへの塗装の吸い込みを抑える 等があります。

で、塗装がかかってはいけない場所への養生作業を行って塗装作業へ

今回の左スライドドア、左アウトサイドパネルの2箇所の修理塗装作業でお客様から

お預かりした日から納車までで4日間で全ての工程を終了しました

もし他社でお見積りを取られて、金額に折り合いがつかない。この凹みは部品交換しないと

修復は不可能だと言われた。・・・等々もしご自身のお車の傷、凹みでお困りの方、ご友人

の方いらっしゃいましたら是非一度ご相談にお立ち寄り下さい。お見積もりのみでしたら

金額は頂戴しておりません。お客様のご予算に合わせてご提案させて頂きます。

今回はこれくらいで・・・ペリカンとか飛んでこないかな~

では又

 

車の事も書くんですね

こんにちは

では前回の続きを書いていきますね。

からっぽになってしまった燕の巣に今朝見たらなんと大きなアメリ・・・じゃないな、車の傷、凹みの

事でしたね。

まず凹んでいる部位のサンディング作業から。傷、凹みに対して、出来る限り最小限の

範囲でのサンディング作業を行います。

外装色を剥がして鉄板の地の部分を出します。次に鉄板の大まかな整形(ライン出し)を

職人さんが手に持っているのはミニスタッドという道具です。この道具で凹んでしまっている

鉄板のライン出しを行います。今回のここまでの作業工程で鈑金担当者の作業時間は、部品の

取り外し作業と鈑金作業とで約90分位でした

これが整形用パテをパネルに塗る手前の画像です。まだまだ波打ってボッコボコです。

ここからパテを塗って、乾燥させて、パテを削って、又パテを塗ってぇ~と続いてまいります。

次回はパテ付け工程から塗装作業までをお伝えして参ります

では又
 

車の事も書きますよ

こんにちは

今回から数回に分けて軽度な傷凹みの修理塗装の作業工程をお伝えしていきます

お客様からお預かりした大切なお車が事故前の元通りの状態になっていく様子を

ご覧下さいませ。今回ブログへの画像提供の承諾頂きました、お客様誠にありがとう

ございます。頑張っていつも通り、いやいやいつも以上に頑張って修理作業に取り掛か

らせて頂きますので。今回はミニバンの左スライドドアと左アウトサイドパネルの修理です

これが入庫時、作業着工前の画像です。画像では分かりにくいかと思いますが、凹みも

少々・・・

次回は、まず鈑金作業からです本日はひとまずここまでで

・・・・・燕でしょ?

・・・・・聞きたいでしょ?では・・・・・

・・・・・からっぽ。

昨日徳島は一時的に強い雨の降るあいにくのお天気だったのですが、大雨の中、親バードと共に

元気に飛び立っていきました。次回から、何書こう?・・・取り合えず今回の燕達は

みんな仲良く巣立っていってくれました。

では又

高知県にて

6月21日、22日の二日間、高知県高知市にてフロントマン研修会に参加して参りました

今回で5年目、5回目の開催です。本日はその時の内容につきまして少しお話を・・・・

フロントマン研修会は毎年6月に行っております

昨年は徳島県での開催でしたので、今回はお隣の高知県に私行って参りました

研修会場になった、高知共済会館様 並びに 高知会館様 多大なるご協力誠に

ありがとうございました。宿泊させて頂きました、高知会館様の鰹のタタキも

大変美味しゅうございました

今回の研修内容で私の中で印象に残ったのは鰹のタタ・・・じゃなくて

『 CS – ES – BS の関係性 』 でございます。

みなさんご存知かと思いますが、CS=顧客満足 ES=従業員満足 BS=企業満足

難しいようですが、ようは、社員が頑張る⇒お客様が喜ぶ(まずCS向上)⇒お客様が

知人に自社を紹介して下さり仕事が増える⇒会社が儲かる(次にBS向上)⇒仕事が増えてるから

給料アップ(ここでESも向上)⇒社員はもっともっと頑張る⇒お客様がもっともっと喜ぶ(またまた

CS向上)この三つの密接な関係性。どこか、一つでも欠けてしまうと、逆の事も又しかりではござ

いますが、まず一番にお客様に喜んで頂けるように頑張っていきたい、それが自分の為、会社の

為になるのだなと改めて思いました。若干何年フロントやってるんだ?的な内容かもしれませんが、

今回の研修で私が考えさせられた内容をお伝えさせて頂きました

なんか硬い内容だったので・・・・・

・・・・・お待たせ致しました。ツバメの現在の様子を

すんげー丸々しています

間もなく飛び立ち(飛べんのか?)ます

では又

 

はじめまして

はじめまして。

私は浦車体整備工場の槌谷と申します。

この度ブログなるものを、書かさせて頂く事になりました。

記念すべき(?)第一回目のブログを社内で一番、PCが苦手な私が

なぜか、………なぜか任されて書き上げて(書かされて)おるような次第であります。

月に数回程度のブログ更新にも係わらず、気の利いた事もあまり書けないかもしれませんが、

頑張ってブログ更新を続けて参りますので、何卒お付合い下さいますよう

お願い申し上げます。

さて・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・何書こう・・・・・・?・・・・・

いきなりですが

某TV局の「I本を探せ」のようですが、画面内に燕の巣があります。

浦車体に入社致しまして今年で11年目になりますが、毎年会社の換気扇の上に

巣を作りにやってきます。どこか上の画像で分かりますか?

あんまりカメラを寄せると親鳥が怒ってくるので、アップに出来ませんが、5羽います。

この雛並みに社内でもブログもまだまだ新人の私ですが、頑張って続けてまいりますので

気長にお付き合い下さいませ。会社の事とあまり(全然・・・)関係ない事ですが、

今回はここまででご容赦ください。